昔のお年寄りと今のお年寄り

仕事柄、お年寄りの方とお話をする機会が多いのですが、最近のお年寄りって元気ですが、わがままな方多くないですか?

心配して言っていることに対して、必ず否定から始まる言葉で話し始めたり、何かをしてもらって当たり前みたいな感覚。
皆が皆そうではないんだろうけど、かなりの確立でわがままな方が多いように感じます。

年金が減らされた、税金が上がった、このまま生きていたって仕方ない…こんな事を毎日何度も何度も聞かされていたら
正直お年寄りを好きになる事は出来ません。
自分の親ならいざ知らず、赤の他人の、しかも年寄りの愚痴って…精神力・体力を奪い取られる感じです。

昔のお年よりは何か、もっと、違う感じだったのでは?と思ってしまうほど最近のお年寄りの質が低下しています。
「年長者を敬え」とよく聞きますが、こちらは、敬うべきお年寄りと敬うに値しないお年寄りをきちんと選別してますからね。

いつからか、長生きが良いことではなくなってきたと感じてしまうのは私だけでしょうか?